バターナイフ

型番 MKS-001
定価 486円(税36円)
販売価格 486円(税36円)
購入数

樹種:サクラ
サイズ・仕様:180mm、無塗装

サクラ材でできた、しっかりとしたバターナイフ。大きめなのでジャムやスプレッドを塗ったりするのにも便利です。無塗装なのでだんだんバターがしみ込んで飴色になっていくのも楽しみです。金属とは違ってパンへのあたりも滑らかで塗りやすいのが特長。日本の木で日本の職人さんが作ったカトラリーでこの金額は、他には見当たりません。宮島の伝統が詰め込まれた、美しい日常の道具です。

●製作所について
世界遺産に指定される厳島神社で有名な、広島の宮島。フェリーで渡る小さな島で「宮島杓子」の伝統を手仕事で守り続けているのが、宮島工芸製作所。昔ながらの路地を上っていく途中にある、110年続く工房では、現在3代目がその技術を引き継いでいます。杓子づくりの技を活かして、調理ベラやお玉など今の生活に勝手のよい台所道具を、中国・山陰地方のサクラ材や、九州の桑材を使って、作っています。

●製品について
ここで紹介する製品は、いずれもさくら材をひとつひとつ丁寧にくり抜き、無塗装で仕上げた天然木の道具。他のお店がウレタン塗装を施しているのに対し、こちらの製品はほとんど無塗装です。そのため吸水性がよく、しっかり水に塗らしてから使えばお米もつきにくくなります。
また、炒め物などに使う調理ベラは食用油でお手入れをしても、汚れや色移り防止になります。また、料理をすることで油がだんだんなじんでいきます。
さくら材は使うほどに赤っぽく、より深みのある色に変化し、艶も加わります。毎日の営みの中で、私だけの道具に育っていくので愛おしくなります。

●お手入れについて
無塗装ですので、使用後はしっかりと乾かしてください。使ううちに白っぽくけば立ったりもしますが、やがてなじんでいきます。それが待てない!気になる!という方は紙やすりの100番(粗い目です)で磨いた後、仕上げに400番(細かい目です)で磨き上げてください。
その後、食用油や蜜蝋を塗りこむと、また艶やかになります。食用油は荏胡麻油やクルミ油がお勧めです。油を塗った後はよく布で磨き上げて、しっかりと乾燥させてください。


最近チェックした商品